日々のエンタメ

毎日のエンタメ情報を気が向くままに書いているブログ

有名アーティストのあまり有名でない曲にはまる

〇 「LOST IN LOVE」SNSD テヨン・ティファニーのデュエット曲
     アルバム「I GOT A BOY」に収録されており、圧倒的な歌唱力で一度聞くと韓国語が全くわからない人でも切なさと別れのような感じが伝わってきます。曲を聞いた後で、和訳の歌詞を見たのですが、やはり恋人との別れを歌ったもので切なさが身に染みてくる曲です。しかし、表にでてくるのは「I GOT A BOY」でこの曲はけっこう探さないとでてこないぐらいですが、一度聞いてみて下さい。

 

〇「I DROVE ALL NIGHT」セリーヌ・ディオンのカバー曲
 タイタニックで誰でも知ってるセリーヌ・ディオンで他にもたくさん有名な曲を歌っていますが、私はこの曲がとても好きです。シンディ・ローパーの曲をカバーしたものですが、歌唱力がすごいのでシンディにも見劣りしません。また楽曲も原曲よりもリズミカルになっていてまた一味違ったセリーヌが味わえるでしょう。

 

〇「LIVE TO TELL」 マドンナ
 全米ナンバー1を獲得したアルバム「TRUE BLUE」に収録された曲で、映画「ロンリー・ブラッド」の主題歌でもありますが、「TRUE BLUE」「OPEN YOUR HEART」がどうしても有名すぎて、なかなかこの曲を話題にする人はいないのではないでしょうか?
マドンナは幼少期の両親との関係などを歌ったということですが、この曲の題名をどう訳すかが話題になっていたのを覚えています。「生きて真実を話し続ける」のか「死ぬまで話し続ける」のか、私は後者を選んだのを覚えています。

 

〇「A RAY OF SUNSHINE」 ワム!
 全英ナンバー1を獲得したアルバム「ファンタスティック」の収録曲です。ファーストアルバムで初登場で1位を獲得した有名なアルバムですが、全米では大ヒットまではいかなかったようです。やはり、「BAD BOYS」「YOUNG GUNS」などが話題の中心ですが、とてもこの曲も忘れ難い名曲です。ビデオクリップでは若い二人が短パンで歌う姿には少し違和感を感じてしましますが、「CLUB TROPICANA」も併せて聴くと更にワムのすばらしさが感じられるのではないでしょうか。