日々のエンタメ

毎日のエンタメ情報を気が向くままに書いているブログ

コロナウィルスについて海外と日本の違いについて

 コロナウィルスの報道が連日のようにあり、政府の速報も矢継ぎ早にTVで報道されている。当初は、たいしたことはなくてインフルエンザみたいなものだろうと思っていたのですが、あっという間にマスクが店頭から消え、感染者が日本だけではなく海外でも増え、イベントは中止、学校は休校になるという事態にまでなってしまった。

 あまりにも毎日報道しているので日本は過剰反応しているのかと思い、海外ニュースサイトをチェックしていると、海外ニュースサイトもトップでコロナウィルスについての情報を扱っていて、関心の高さは世界的でした。やはりここ最近大きな話題になったのは、私も含めてヨーロッパは大丈夫と思っていたのですが、ヨーロッパでも感染者が出てしまい、セリアAも試合が中止になってしまいました。

 日本でもかなりのイベントは中止になっていますが、日常生活で気付いたのはマスクのことでした。SNSでは、中国や台湾にマスクを送りますというような素晴らしい日本人の話題が出ていて、政府が発表したマスクの1億枚供給の話はそんなに大変なのかと思ってみていましたが、今日ドラッグストアではマスクの入荷予定なしの張り紙があって、けっこう大変な事態になっているのだなと感じました。病院や医療機関に優先的にマスクが流れているのかもしれませんね。これに対して、海外のニュースサイト、特に欧米系を見ていると、彼らはマスクはしないそうです。手洗いの徹底に気を遣うようです。しかも、日本のマスクというのは和製英語で、医者が手術用に使うものを日本人がしていると見ています。ですので、face mask あるいは surgical maskといはないと伝わらないようです。それに加えて中国は、普段工場からの化学汚染物質対策で日本のマスクをわざわざ買いに来るよう国ですから、今回のウィルスで日本のマスクはとても必要だと感じているでしょう。国によって考え方が違うので、マスクの件についても

日本はそんなに過敏になる必要があるのかと感じた今日一日でした。

 

プログラム教育は大切だけど、楽しくもあり苦しいと思う

 プログラム教育が実施されることになり、電車の広告でもプログラム教室の授業なんかが貼ってあり子供も大変だと思いました。私も独学で学んだため、GUIの良さとCやJAVAの大変さを感じています。LEGOを動かすのは楽しかったのですが、CやJAVAは苦労しました。自分で作ったプログラムでいろんなことを調べることができるのは達成感があるので子供にも達成感を味わって欲しいですね。

 自分で作成したプログラムで日経平均の動きを調べてみたら、上海時間にかなり左右される結果となりました。以下にプログラムを貼り付けておきます。

 

#define _CRT_SECURE_NO_WARNINGS
#include<stdio.h>
#include<string.h>
#define NUM 76

main(){
FILE *fp;
int data[NUM];
int max, min,umax;
int down,kekka;
int hour, minute;
int i, j,p;

fp = fopen("20140116.txt", "r");

if (fp == NULL){
printf("ファイルが開けません\n");
return 1;
}
for (i = 0; i < NUM; i++){
fscanf(fp, "%d", &data[i]);
}

max = data[0];
min = data[0];
for (j = 0; j < NUM; j++){
if (max < data[j])
max = data[j];
if (min > data[j])
min = data[j];
printf("No.%-5d%d\n", j + 1, data[j]);
}
printf("max=%d\n", max);
for (j = 0; j < NUM; j++){
if (max == data[j]){
hour = (5 * j) / 60 + 9;
minute = (5 * j) % 60;
printf("maxは%d時%d分\n", hour,minute);
}
}
printf("min=%d\n", min);
for (j = 0; j < NUM; j++){
if (min == data[j]){
hour = (5 * j) / 60 + 9;
minute = (5 * j) % 60;
printf("minは%d時%d分\n", hour, minute);
}
}
for (j = NUM - 1; j >= 0; j--){
if (min == data[j]){
p = j;
break;
}
}
max = data[p];
for (j = p; j < NUM; j++){
if (max < data[j]){
max = data[j];
}
}
printf("umax=%d\n", max);
for (j = p; j < NUM; j++){
if (max == data[j]){
hour = (5 * j) / 60 + 9;
minute = (5 * j) % 60;
printf("umaxは%d時%d分\n", hour, minute);
}
}
down = data[0] - min;
kekka = max - min;
printf("差は%d、結果は%d\n",down, kekka);

fclose(fp);

return 0;
}

 

名言集に出てくるほど有名になったアーティスト

    最近、名言集を検索していると偉人に混じってアーティストやスポーツ選手、マンガなどが入っています。昔は教科書や伝記に出てくる人物と大企業の創業者が名言集の中心でしたが、現在は生きている人物や有名になったマンガ、イチロー選手やスラムダンク、大企業の起業家の言葉が出ていて時代も進んだと思いました。
 今回は、名言になっているアーティストについて書いてみたいと思います。

〇 ジョン・レノン
  ジョン・レノンは誰もがうなづけるアーティストでしょう。ビートルズの活躍だけでなく、世界平和について歌うなど政治的なメッセージを残すなど単なる歌手には止まらないところがやはり偉大な人なのでしょう。あえて曲をあげるとすると、有名すぎるのですが、「Let it be」と「Imagine」ですね。

  「幸せになることに、躊躇してはいけない。」-ジョン・レノンの名言より

〇 ボブ・ディラン
  この人は誰もが載ってないとおかしいと思うぐらいでしょう。ノーベル賞受賞者なので、必ずチェックしてしまうようなアーティストですね。個人的にはあまり聞いていなかったのでどうしても有名な人気曲の「Knocking’On Heaven’s Door」と「Like a Rolling Stone」ですね。「Foever Young」もとてもいい曲ですね。

「風向きを知るのに 天気予報官はいらない。」‐-ボブ・ディランの名言より –

〇 マイケル・ジャクソン
  マイケルは若いころからずっと聞いていたので、アーティストとしては申し分ないのですが、個人的な問題で悪い印象が多く出てしまったので少し残念でした。曲は、「HUMANNATURE」「Billy Jean」が好きです。

「生きとし生けるものすべてに 神性を見出すとき 誰もが翼を手に入れる。」
  -マイケル・ジャクソンの名言より

〇 デビット・ボウイ
  デビット・ボウイも個人的にはあまり聞いていなかったのですが、映画で注目されたり、個人以外のところで脚光を浴びた時に聴いていました。ルックスも最高で歌もうまくてスパースターですね。「Undergroud」とミックジャガーとのデュオの「Dancing in the street」が好きです。
 「世界は何であるかを知るのは恐怖でもある。」‐デビット・ボウイの名言より


心に残る著名人・有名人の金言・名言【ジョン・レノン】

 

ドライブする時にどうしても聞いてしまう曲は?

 ドライブする時必ず用意してしまうのは、懐かしい曲とアーティストですね。なぜなら、高速を飛ばすようなドライブはしないからです。落ち着いてマイペースのドライブを私は好みますので、最新のヒットチャートを流しているとテンションが上がったり、リズムが合わなくて運転をミスしそうな気分になるからです。今まで聞き込んだ曲だと、先がわかるので安心して運転できるいわば安定剤のようなものです。

 では、どんなアーティストかというと「GENESIS」「GEROGE MICHEAL」「MICHEAL JACKSON」「TMN」「BOA」「80’S J-POP」です。季節や時間帯によって聞く曲は違いますが、今日から気分を変えて勢いを出したいなと思った時は、「FREEDOM90」「SELFCONTROL」「EASYLOVER」「BILLY JEAN」「奇跡」「世界中の誰よりきっと」などの明るめの曲を流しています。明るいけど派手すぎないほうがドライブ中に気分転換をはかりながら、明日からがんばるぞという気持ちになれるからです。

 そして、冬や時間帯が遅くなると、「LAST CHRISTMAS」「HUMAN NATURE」「STILL LOVE HER」「カリブの熱い夜」「CLOSE TO ME」「TRUE LOVE」など静かで落ち着いた雰囲気のものを選んでいます。明日からがんばるぞというよりは、今まであったことをすべて忘れてしまえるという感じです。ですからこの曲はおすすめだというのは人の好みと気分によって違ってくるので、私の聞いている曲では気が散って運転できないという人がいっぱいいても全く気にしません。私も他人のすすめる曲で試してみて運転しにくかったらすぐ切り替えてしまうからです。最後に独特の雰囲気が味わえるのは、マイケルジャクソンの「スリラー」です。ビデオクリップのゾンビのマイケルが浮かんできて、ノリはいいのですが運転しづらい曲でした。

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽
by ホンダアクセス

最近リリースされたアルバムで気になったアーティストと曲

最近リリースされたアルバムで気になったアーティストと曲

〇「Hotspot」 Petshopboys
 今週のUKチャートで第1位を獲得した最高のアルバムです。しかも「Very」以来となる1位ということで快挙としかいいようがありません。ただし、私の印象だと彼らは1位を連発していたというものでしたが、シングルでも「WEST AND GIRL」「IT’S A SIN」「ALWAYS ON MY MIND」「HEART」の4曲だということです。誰もが「WEST AND GIRL」はうなずける大ヒットでしょう。そして、2位だったものの「GO WEST」は有名度では抜きんでているのではないでしょうか?
 昔話はここまでにして、今回のアルバムを全曲聞いた感想は彼ららしさがにじみ出ていてここまで変わらない良さを保っていることに感激しました。中でも、「WILL‐O‐HE‐WISP」「ONLY THE DARK」がとても気にいってしましました。HPでは「MONKEY BUSINESS」でしたが。


〇「MISIA SOUL JAZZ BEST 2020」 MISIA
 MISIAの今の季節の超有名な曲はというと、「EVERYTHING」ですが、JAZZバージョンも聞いてみるととてもおちついた雰囲気で良かったです。それに加え個人的には、「つつみ込むように・・・」がおすすめです。ポップとは違った軽快なリズムが味わえる一曲です。あと「陽のあたる場所」はTV局が2局ほどエンディングやテーマソングで使っていたこともあり、サビの部分の「悲しみを笑顔にかえよう」というフレーズが耳に残っていたので、とても懐かしくなりました。

 

〇「LOVE」 bolbbalagan4
 昨年のゴールデンアワードのデジタルソング部門で受賞した韓国の女性デュオグループが日本用に発売したアルバムですが、曲は2曲で「LOVE」と「BLUE」です。どちらも彼女たちらしさがでているいい曲でした。独特の雰囲気ですが、決して派手なダンスやパフォーマンスではなく歌と曲で勝負するところがとても好感がもてます。この路線でずっとヒットを飛ばしていってもらいたいものです。1月には日本公演を成功させたということなので更にいっそう大きくなって韓国に戻ってもらいたいですね。個人的には今でも、「GALAXY」が大好きです。

 

 

90年代のラブソングでよく聞いたもの

    Sportifyの「90s Love songs」に入っている曲の中で特に気になるラブソングについて書いてみます。

〇Say you, Say me ライオネル・リッチー
 この曲を一度聞いた時、男性でこんなに歌唱力がある人がいるんだと感心してしまったのを覚えています。映画「ホワイトナイツ」の主題歌ですが、MVが映画の内容ですがこれに気付くのに時間がかかりました。とにかくライオネル・リッチーの歌声に惹かれてしまったのと、最初の歌詞「Say you, say me」の意味が全くわからず悩んでいました。これもだいぶ後になってわかったのですが、映画の内容にあてはまる友情の話で、君、俺と呼び合おうという内容のようです。

〇When you believe(with マライアキャリー) ホイットニー・ヒューストン
 「信じていれば奇跡は起こるかもしれない。希望はか弱いけれど」という歌詞に恋愛感情は読み取りにくいのですが、圧倒的な二人の歌唱力でついつい聞いてしまう曲です。ホイットニーは、「I will always love you」でマライヤは「Hero」があまりにも有名ですが、この曲はこの二つを合わせたような感じでとても素晴らしいの一言です。

〇Save the best for last バネッサウィリアムズ
 「一番おいしいところは最後に」という意味ですが、全体の内容からすると、もう駄目だと思った時にあなたは私のところに戻って来てくれたという意味になるようです。とにかく曲が静かで透明感のある歌声で当時意味もわからず聞いていました。だいぶたって、意味を考えるようになってほんとにすごいなと感じさせる一曲です。

〇Frozen マドンナ
 さびの部分で「あなたの心を溶かしてあげられたら、私たちはずっと一緒なのに」というフレーズが愛を語るラブソングですが、メロディが少し物悲しいので積極的に愛を告げるようなものではなく、大人の内に秘めた愛について歌ったものだと思っています。個人的には内容より、冬によく聞きたくなるメロディーであったためおすすめしています。収録アルバムは、「Ray of light」で、アルバムの題名であるこの曲は対照的に明るい曲ですが、こちらもとても大好きな曲です。