日々のエンタメ

毎日のエンタメ情報を気が向くままに書いているブログ

NFLスーパーボウル、チーフスが49ersに勝って優勝するには

 2020年の第54回スーパーボウルは、サンフランシスコ49ersとカンザスシティチーフスの両チームに決まりました。決勝までは、タイタンズを応援していたためチーフスの試合をよくみていましたが、サンフランシスコの試合も数試合見てみました。

ここ数年はなんといってもペイトリオッツのブレイディの活躍が目立っていて、NFL=ブレイディのような印象が個人的にできあがっていたのに、スーパーボウル手前であっさり今年は負けてしまいました。勝負に運を持ち出すのは、運も実力のうちなのでよくあるませんが、今年のブレイディはここぞという時に勝利の女神が微笑まなかったような気がします。いつもならこういう場面で決めて勝利を掴む強さが見られたのに。とまあこんな感想はここまでにしましょう。
 49ersと言えば昔はほんとに強いというイメージしかなく、アメフトの象徴のようなところがありました。また、チーフスはディフェンスとランニングバックが強い時代の印象が強く、両チームとも様変わりしていてスーパーボウルはとても楽しみです。
 タイタンスが負けたのでチーフスを応援することにして、49ersの試合を見てみると、とにかく強いという印象です。あまり穴がなくミスもしませんし、ミスしても得点につばがりません。リードされていても後半詰めよって最後に逆転するところも強いですね。チーフスはミスが得点につながりやすく、ミスがなければ楽に勝てる試合が多いように見受けられました。それでは、勝つためにはどうしたらいいのでしょうか?
 49ersのパス攻撃は、WR19番サミュエル、17番サンダースは安定して、TE84番ボーンのパスもしっかりしています。RB26番のコールマンは安定していましたが途中ケガで退場していますので、スーパーボウルは代役の31番のモスタートが先発でしょうか?しかし、代役のモスタートが大活躍していたので、RB陣に不安はないかもしれません。たとえリードしていてもうまい具合にスペシャルプレーで得点するところなどは見逃せないでしょう。タイタンズ戦のようにRB陣を抑え込めれば勝つ確率はあがるでしょう。
 強いディフェンスですがあえて言うならば、ランが出る可能性があり、プレイアクションパスにはよくひっかかっていたように思います。また、TEの15~20ヤードのパスは狙い目かもしれません。
 TE87番のケルシーとRBのウィリアムスが中心でWR陣10番ヒル、14番ワトキンス、19番ハードマンのパスで攻撃を盛り上げたいところですね。


 

 

センター試験(共通一次試験)の思い出

    受験シーズンも本格的になり、あちこちでセンター試験の話題があふれています。今年は、センター試験の話題と言えば業者テストの導入や記述問題の対応で政治家と業者の癒着が問題視されたり、「身の丈」発言で受験生の家庭環境による格差で差別するような話題で内容そのものより、制度やシステムで振り回された受験生泣かせの年だったように思います。私の頃も制度変更などいろいろなウワサはありましたが、受験生がデモをするようなところまではいかずに、「嫌だな」ぐらいのレベルでした。当時を振り返って、また最近の身近な受験生による伝説などで心に残ったことを書いてみます。もし、センター試験終了してから読んで参考になればいいなと思います。

1. 多くの受験生が「身の丈」の点を取り、「身の丈」の学校に行く。
この「身の丈」というのは、家庭環境の意味ではなく、予想される点数という意味です。志望校で必要とされる点数に近い点数を多くの人が取り、少し上か下で一喜一憂
するのですが、サプライズの上出来は聞いたことがなく、むしろぼろ負けがでてしまう人のほうに焦点があたってしまうのではないでしょうか。
2. ぼろ負けした人の話
英数国といった主要科目ではなく、理科社会系で得意だった人がいました。私は、主要科目を固めるのに必死で、理社系は空き時間にがんばって暗記していたのですが、
その人は完璧に覚えていてその授業は彼の独壇場でした。しかし、センター試験の答え合わせが始まるといつもの元気がなくなっていったのが印象的でした。知識が豊富だったのか考えすぎたのかミスをしてしまったようです。軽く暗記していた生徒はみんなそれなりの点数を取っていました。こんなサプライズがあります。
3. 主要科目でぼろ負けした人
もう伝説としかいいようがありません。主要科目で解答欄を一つずれたとか、1枚目と2枚目を間違えるとかこんなことがありえます。しかし、こんな大失態を起こしてもセンター試験の配点が比較的低いところに志望校を変更して二次で合格するという剛腕をみせました。志望校に出せれば一番良かったのですが。
結局、実力が発揮されるので、二次に向けて淡々とするのがいいのではないでしょうか?そして、二次ではサプライズが起こることは学校によってありますので失敗した人を見て自分は失敗しないように最後まで気を抜かないようにしましょう。

 

 

NFLプレーオフ、タイタンズがチーフスに勝つためには何が必要か?

 NFLスーパーボウルが近づき盛り上がってきましたね。個人的には、ペイトリオッツに勝利したタイタンズに注目したいと思っています。ただし、次の試合で負けたら終わりになりますが。ということで、最近のチーフスとタイタンズの試合を観たところ、

シーズン中は、35-32でタイタンズの勝利という結果でした。

 チーフスオフェンスの印象ですが、タイタンズ戦ではWR陣、10番ヒル、14番ワトキンス、17番ハードマンを多く使って、87番TEのケルシーは少なかったようです。RBのウィリアムスはけっこう出ていました。ディフェンス陣もプレッシャーが強くサックしたり、スクランブルに追い込む場面もあり強いというのが感想です。

 対して、プレーオフテキサンズ戦は前半の初じめは大荒れで、ミスから先制されますが徐々に点差を詰め、51-31で快勝します。ここで逆転のキープレーヤーになったのはTE87番のケルシーです。ミドルパスがTEに通り、どんどん陣地をすすめていきます。これに加え、ケルシーへの反則が重なり、テキサンズは窮地に陥っていきます。ディフェンスも、ゲームが進むごとにプレッシャーを取り戻しいいプレーを連発します。このゲームを観て感じたのは、チーフスには意外とミスが多いというものでした。ゲームにはミスはつきものですが、けっこうミスが得点につながってしまったといことです。

 タイタンズは、RBヘンリーはどの試合も出ていますし、ディフェンスのプレッシャーも強かったという感想です。また、ミスもありますが得点につながっていない場合は

勝っているようです。つまり、チーフスのディフェンスは強いもののヘンリーは計算できそうですし、序盤でミスを誘発するようなプレーで得点を挙げられればリードして勝てる可能性はあります。また、ディフェンスではプレッシャーをかけることはできるでしょうが、ミスがなければ得点されるリスクも減らせるでしょう。

 パスオフェンスはどちらもミドルパスが多く用いられて、思ったほどスクリーンパス

は両チームともなかったようです。当日のゲームプランはどうなるか全くわかりませんが、ありえそうなことを前半はあまりやらないほうがおもしろいのではないでしょうか?ヘンリーをあえて使わなかったり、スクリーンパスを多用したり。チーフスは、プレーオフではTEを多用していたので、WRで攻めて、スクリーンを使ってきたり。もしくは、RBウィリアムズでどんどん走ってくるようだったら、モメンタムを握れて観てておもしろい試合になるかもしれません。やはり、反則やミスがあった場合どちらが得点につなげられるかがポイントになるのではないでしょうか。

  アサインメントミスを誘発するモーションやシフトで最初に得点して逃げ切るのがいいのではないでしょうか?

 タイタンズには下馬評を覆してスーパーボウルまでいってもらいたいですね。

 

 

プライバシーポリシーについて

当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(GoogleアドセンスA8.netAmazonアソシエイトバリューコマースiTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。
当サイトへのコメントについて
当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
全てのコメントは管理人であるonelasttime46が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。
加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。
特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
極度にわいせつな内容を含むもの。
禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

ラグビー大学選手権決勝、96年の早明戦を観て感じたこと。

 今年のラグビー大学選手権の決勝は、伝統の早明戦ということでチケットも完売しているようですね。特に新国立競技場での試合ということもあり、盛り上がりも最高になっているのでしょう。今年の両校の試合は確認しましたが、かつて早稲田、明治が強かった頃は、20~30年前になります。ここ数年はまた早稲田、明治が復活していますが最近10年は、帝京だったのではないでしょうか?

 ということで、96年度の大学選手権決勝が早明戦だった時のビデオを見てみようと思い、見た感想を書くことにしました。

 当日はかなりの強風で明治は後半風下をさけ、前半に風下を選びました。前半リードし守り抜こうという考えのようです。対する早稲田は、得点力があまりないと言われていたようで明治のフォワードの攻撃に耐えないと勝ち目はないということで、前半から早いパス回しとハイパントで攻撃をしかけていました。そして、ゴール前のペナルティはすぐキックを選択し、3点を積み重ねようとしていました。しかしこの日は、あまり角度のないキックを2回外して勢いに乗れなかったようです。明治も素直にキックを狙っていました。

 ファーストスクラムは、明治の圧倒的優位で早稲田が崩れていました。ゲームが動いたのは前半中盤で、明治がゴール前のペナルティをモールで攻めますが、ボールを取られてキックされるのですがこれをチャージしました。しかし、早稲田が取って外に素早く回してピンチと思いきやパスがつながらず、こぼれ球をトライするというまさに紙一重のトライで明治が勢いづきます。結局、ここからトライが重なり明治25-早稲田6で折り返します。

 後半はなんとも以外な展開が続きます、風下の早稲田が素早いパス回しでトライを重ねます。いきなり2分でトライを取ったのは良かったですね。これぞ早稲田というラグビーでした。最近の早稲田とは違うかもしれませんが。そして、3点差までつめよったのですが、ノックオンやオバーザトップなどでなかなかチャンスを生かせませんでした。遂に、残り6分となりゴール前で明治がペナルティをもらい時間を使いながら、ボールをキープしながらのフォワード戦になります。何度もモールでしかけ、早稲田がペナルティを取られるという展開で明治のボール支配がうまくいきます。最後は、早稲田が屈辱の認定トライを取られてしまい、明治32-早稲田22でロスタイムを迎え、このまま試合終了となります。

 これは、印象にすぎないのですが、明治はフォワード、早稲田はバックスという形が今よりはっきりしていて、両校あまり冒険はしないラグビーのような気がします。

ですから今のラグビーを見ているとともに多彩な攻撃と防御をしていて、昔のほうが完全にスタイルで勝負している、きめ技で戦いにいっているようでおもしろかったです。

 そのため、明治はフォワードのモールがやたら強く見え、早稲田のパス回しも非常に早く見えました。両校の持ち味の鋭さを楽しめるというそんな一戦でした。

 今週の明治、早稲田の伝統の一戦はどんないいプレーを見せてくれるのかとても楽しみです。

 

 

20Kgダイエットに成功しましたが、レシピ次第だと思います。

  私は今から約7年程前に、健康診断の結果87kgという体重となってとてつもなく焦りました。それからダイエットを始め、1年前には67kgになってダイエットに成功したのですが、現在は少しリバウンド気味です。当時はとにかく落とさないといけないということで、がんばったら半年で10kgは落ちましたが、ここからの10kgはほんとにゆっくりという感じでした。みなさんには最初の10kgのほうがいいのかゆっくりの10kgダイエットのほうがいいのかわかりませんが、参考となることを書いてゆきたいと思います。みなさんもご経験あると思いますが、ショックを受けた時はがむしゃらに食事制限をして運動するということをして、気が付いたらどか食いしてもとに戻るということを繰り返しているのではないでしょうか?しかし、食事を減らす努力をしないことには運動しない限り減量はできません。最初のころは休みの日にどか食いする前に、私はうどんや野菜、魚定食を食べて間食をしないよう努力しました。

 体重を落とすために、健康診断が出た時は、気持ちが切れないためこんにゃくと豆腐と野菜と魚にポン酢や鍋の素で我慢して、夜ランニングなどで数か月は持ちますが、だんだん苦しくなって急激に落ちた体重が7Kgからおちなくなります。ここで、ドカ食い

が始まってすぐリバウンドしてしまいますが、あと数か月粗食で我慢するか、走る量を増やすなどでカロリーを消費しなくてはなりません。その時はとにかく、野菜と豆腐などで我慢に我慢をして10Kgやせましたが、料理を工夫すればもう少し楽にダイエットを楽しめたと考えダイエットレシピを作っています。みなさんも取り入れている食事に

飽きたら参考にしてみて下さい。

これが証拠です。

健康診断の結果で、上が身長、下が体重です。

f:id:onelasttime46:20200305125327j:plain

f:id:onelasttime46:20200305125411j:plain

 

youtubeでダイエットの時使えそうな食品を考えて公開しています。

ダイエット時は、おいしくなくても我慢していたのですが、どうしても耐えられなくなった時、この方法を試してみて下さい。


リバウンドしないダイエット5

 

 

 

 

 

ラグビーワールドカップで一番素晴らしかったのはスコットランド戦

 今年のラグビーワールドカップのジャパンの戦いは本当に素晴らしかったとほとんどの人が思ってるでしょう。私もその中の一人で、ジャパンの試合は全部見ましたが、その中でも特にベスト8をかけたスコットランド戦は素晴らしかったと思います。
 南アフリカ戦は苦戦が強いられると予想していましたが、期待が大きい分点差が開いて惜しかったなという感じです。しかし、強豪のアイルランドに点差をつけたまま勝ったところからジャパンはすごくなったというイメージが強くなり、アイルランド戦にも
期待がふくらんでゆきます。ただし、スコットランドも強いがアイルランドに勝ったんだからいけるんじゃないというのが試合前の感想です。それでは、アイルランド戦の印象に残ったプレーを書いてみます。
 まず、ジャパンのキックオフで田村がゴロをけって相手のミスを誘いました。最初は、ミスをせずに普通にプレーするだろうと考えていましたが、さすが一味違うと思いました。そして、意外だったのは前半6分に先制トライを許したことです。前半の中盤まではとられないと思っていましたが、簡単にとられたので今回はやられるかしれないと思い始めました。そして、これも意外だったのはここからくずれなかったことです。
 今までの記憶では強豪と戦うと、前半に善戦して後半に負ける、前半早くに取られて
大差で負けるといった印象が強かったので、どうかなと思っていました。
 やはり、アイルランド戦でみせたディフェンス力は本物で、ジャパンのディフェンスはなかなか崩れず、フォワード戦でもじりじり優位に立っていました。実際ボールの支配率は74%だったということで、本当にすごい数字でした。また、17分にすぐ松島がトライを取り返したのも良かったと思います。25分にもオフロードパスをつないで稲垣がトライをとれたのも良かった。
 中でも39分に、福岡がグラバーキックを受けてトライをとったプレーが一番印象に残っています。今までの戦いで、キックパスからのトライが印象的だったのでどこかでやってくれるのではないかと思っていたことをやってくれたからでしょう。ジャパンは特に狙っていなかったかもしれませんが・・・。
 そして、後半は安定感があって逆転の猛攻を感じさせる場面はありませんでした。互いのフォワードは疲れているものの、スコットランドにスタミナで負けていませんでした。いつもは後半がきつくなってしまうのですが。
 最後は、スコットランド選手にいら立ちや疲れた様子のほうが目立ってきて、対戦する強豪チームには見ることができなかった場面が見れて、ジャパンは強いんだなと感じました。
 最後に、NUMBER993・994号のインタビューで、田村優・田中史朗選手が語っていますが、ゲームプランはポゼッションを高めることだったそうです。そして、「ポイントに関係なく相手をボコボコにしよう」とリーチが言っていたそうですから、後からビデオを見返すと面白いかもしれません。